示談交渉のポイント

示談交渉示談交渉を行う上で重要といえるポイントは、被害者側が納得のできる無難な金額を提示する事になります。保険会社などの加害者側の提示してくる金額は低い物となっているため、基本的にその金額に従っていると損をする事になってしまいます。かといって、ネットなどの知識から予測した最大金額をいきなり出した所で加害者側もそれには応じてくれないでしょう。裁判の判決を基準にした金額による交渉であっても基本的に保険会社が応じてくれないのは交通事故被害がよほど重篤な物でない限り裁判沙汰になる事が少ないからです。9割がたは裁判まで持ち込まれる事なく示談で済んでしまいます。

仮に裁判にまで持ち込んだ場合は判決が出るまでに早くて半年~1年、長ければ2~3年もかかってしまうので被害者側に負担が大きすぎる事態となってしまいます。ですので、保険会社等の加害者側との交渉において重要となるのは、ある程度早期に解決し、かつ被害者側が納得のできる無難な金額を提示する事、となるのです。

このような金額を探るのは判例やこれまで扱ってきた交通事故事件で得てきた経験のある弁護士しかできないと言えます。被害者のあわれた被害がどれほどの賠償にあたるのか客観的な正しい判断を下し、その判断から導かれる妥当な賠償金を加害者側から引き出すことが弁護士の仕事であり、被害者が弁護士を雇う事の強みだと言えます。交通事故被害にあった場合は、弁護士のもとへ訪ねましょう。ネット検索をすれば、何に強い弁護士なのかも記載しています。また、弁護士サイトによっては示談交渉の流れも掲載しているところもありますので、より交渉について理解しやすいでしょう。必ず交通事故被害の示談交渉に長けた弁護士を選んでください。