賠償金額の基準

基準交通事故に遭われた際の賠償金を決める基準は自賠責基準・任意保険基準・赤本基準の3つがあります。まず、自賠責基準とは自動車利用者が増えた事で交通事故の発生件数が増え、それに伴って死亡事故や後遺障害などの大きな損害が発生する事故も増えました。しかし、それらの自己に対して加害者側が保険に加入していない為、賠償金を支払う事が出来ないという事態も多々増えたことから、自動車保有者が強制的に加入しないくてはならない保険として自賠責保険という物が制定されました。その自賠責保険に対して適用されるのが自賠責基準という物です。その性質上自賠責基準の最大金額はかなり低めに設定されており、最大で120万までとなっています。

次に任意基準とは、各損保保険会社が独自に設定している物でこれは基本的に外部に公表されていません。自賠責では大きな損害賠償を賄う事が出来ない為、それらを補てんするために加入するという方が多いものです。最後の赤本基準とは、賠償金についての示談が成立しなかった場合、弁護士に依頼して裁判を起こした際に、裁判所から提示されるであろう賠償金の基準となります。

このような基準は素人に判断しろと言っても不可能な物です。特に任意保険基準や赤本基準などは経験から推測するしかない所がありますので、こうした予測を立てるのは弁護士に相談し、予測を立ててもらいましょう。